五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


神界から肉体を動かす人になろう

calendar

肉体の人間では何事もなし得ない。守護霊守護神がいて、常に肩代わりしてくれたり、力になってくれて立派になってゆくわけですからね。

私がいろいろなことを教えたり、わかったり、浄めたりするのは、守護神がやってくれているんであって、肉体の方でやるのではありません。

肉体人間には何事もできない。肉体は命がなくなったら灰になっちゃうでしょ。

ただ道具として、場所として、こういう顔をして現われているけれども、この顔の人が、この口がしゃべるんじゃないんです。口は機械的に動くだけであって、中の守護神のひびきが動かして、しゃべっているわけです。

それがどこまで深い深いところから、高い高いところからくる言葉か、あるいは横っちょの浅いところからくる言葉かで、その人の人格というものが違ってくるんで、肉体というのは器です。

どんな偉い人でも、イエスでもお釈迦さんでも、みんな肉体は器なんです。

人間の本体は何かというと、神であり霊なんであって、その器を使って神界から動かしているんです。

神界からスーッと動かしている人は立派なんだけれども、神界から動かそうとしているのに、途中に業想念があって、または途中から他の生物がヒュッヒュッときて動かそうとしたり、迷った人に動かされたり、そういう波を受けている。

完全にNHKならNHKが聞こえてくればいいけれども、どこからでも他の波長の波が入ってきて、波動が乱れてしまってウジャウジャいっている。そういう状態が今の人間なんです。

それだから、いっぺん消えてゆく姿をやって、神さまの中に入ってしまって、あらためて神さまの高い深い力を、智慧を内から出してもらう、こういうのが私の教えなんですね。

それを私が一番初めに実行してみたら、やらない前の人間より、ズーッと立派になりましたから、それでいいというわけです。(後略)

五井昌久著『内なる自分を開く―本心開発メソッド』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...