五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

Tさんの体験談 ~ 五井先生の夢の中でのご指導④

投稿日:2017年3月13日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)この間も、朝ぼらけのような薄明かりの中に、鐘つき堂があり、大きな鐘がある。

たくさんの方々が次々と上がってきては、つついていってしまう方もあれば、小さな棒をもってきて、コンコン叩いていってしまう方もある。

そうかと思うと、一生懸命撞木しゅもくを握って、いい音を出して叩いている方もあるんです。

『あれが(鐘が)五井先生だよ。

指先一つでちょっと突いて鳴らないと行ってしまう人もあるし、いのちがけで鳴らしてゆく人もある。

鐘が鳴らないんじゃない。

お前たちが鳴らさないんだよ。

自分の鳴らしただけのものが返ってくるんだよ。

おかげがないとふくれっ面しても、それは自分の鳴らし方が悪いんだ』

というふうに、守護霊様でしょうに、いつも説明者がつくんです。

霊界のようなキレイなところへ連れて行っていただいて、一つ一つ丁寧に説明してくださる。

地獄へ行っても、やっぱり説明してくださる。

私はそういうようによく夢を見ます。

私は今まで病気のほうで、息をつくひまもないくらい、厳しいご修業ではございましたけれども、“五井先生”と申し上げると、今でも有り難くて有り難くて、涙が出るほど有り難いんです。(つづく)

五井昌久著『講話集〈2〉みんな救われている (講話集 2)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.