五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


天地の精髄が凝縮された存在としての人間

calendar

人間は天地の精髄を集めてできている。

天地があって人間が在り、人間が生まれ出たことによって、天地の妙がそこに現わされる。

天地の心と人間の心とは本来全く一つのものであって、共に神のみ心の現われであり、働きなのである。

神は一なるものでありながら、多くの神々として宇宙万般の働きをしている。

そして、人間は何人(なんぴと)といえど、そうした神々の裔(すえ)でないものはない。

人は霊止(ひと)であって、霊の止まっているところである。

そうしたことの自覚ができてくるにしたがって、人間は立派になってゆくのである。

五井昌久著『失望のない人生』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...