五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

すべては自分 ~ 究極の真理(後半)

投稿日:2015年7月17日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)だから、自分が偉くなるより仕方がない。自分の心を正しく、神のひびきと一つにすれば、自分の前に現われてくるものは、すべて神のみ心が現われてくる、みんな神の光明になって現われてくるわけです。

だから自分の前にどんなに悪い人が出てこようとも、それは自分のものなのですよ。自分のひびきがそこに現われている。

現われてきたことに文句を言うより、自分に文句を言ったほうがいいけれども、なんにもならないから消えてゆく姿にして、世界平和の祈りの中に入れてしまいなさい。

私はあの人のためにしてやった、あの人にこんなことをしてやった、というけれども、そんなことはありゃしない。

自分のために尽くしている。尽くしたことは自分のためにいいのです。

憎めば自分が損なのです。
他に人があるわけじゃない。
自分だけがあるんですよ。

あの人のために尽くした、あの人のために祈ったなんて、生意気なことを言うな、と私は言うのです。

あの人のために尽くすも、あの人のために祈るもありゃしない。自分のためにやっている。

自分が祈りそのものになればいい。いちいち人と比べてみたりする人がありますが、比べる必要も何もありゃしない。

自分が立派になること以外に何もないのです。

そうすると、この世もあの世も無い。在るものは神(我)一人。宇宙神の光(人類の本質)があるだけということになるのです。(おわり)

五井昌久著『魂が大きく開く時 (聖ヶ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.