五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


一切の業を浄め去るために(前半)

calendar

(前略)

神様の世界が本当に現われる時には、おまけがなしですよ。

ちょっとでも心を動かしたらパッとやられるけれど、皆さんは、「ああ、ごめんなさい」とか、「消えてゆく姿」とかいえば、それを消してくれて、赦してくれます。守護霊守護神がいますからね。

だけれども、本当に一日も早く神様と同じような人間になるためには、自分が本当に幸せになるためには、あらゆるものを赦す気持ちにならなければ駄目です。あらゆるものに感謝しなければ駄目。(中略)

思えなかったら思えないでいいから、「ああ、思えない業が消えますように、世界人類が平和でありますように」って投げ出すんですよ。

神様の世界が地球世界に現われて、平和になるときにはおまけなし。

自分の中の心がすっかりきれいになる。きれいにきれいに洗い落として、本当に輝く白光にしなきゃ世界平和にならないんですよ。

必ず守護霊守護神、救世の大光明がしてくれます。してくれますけれども、してくれる波に自分が乗らなければいけませんよ。

「ああ、五井先生がああいうことをおっしゃった。私はそれに一生懸命なりましょう」という心になればいいんですよ。そういう心になれば、スーッと心境が上がります。

(つづく)

五井昌久著『魂が大きく開く時 (聖ヶ丘講話)』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...