五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

高天原を自覚して祈りつづけていれば

投稿日:2015年2月13日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

今ここに五井昌久がいます。
世界平和をやるときは五井先生を思い出しますね。

五井先生というのはこの肉体の形だけのものではなくて、宇宙にみなぎっている五井先生なの。
その五井先生がみんなのところへゆくわけ。
体があるから邪魔なんだけど、なければ困るでしょ。

そのうちに消えたり出たりするかもしれません。
それはないとは保証できません。
あるかもしれない。
そういう時があるんですよ。

というのはどういうことかというと、逆にかえせば宇宙人が現われる時があるんです。
目に見えない姿が現われてくる。

イエスキリストがここにいます。
ところが目に見えないでしょ。
こちら(肉体側)が浄まってきて、もうソロソロ降りてもいい頃だと時期をはかったら、スーッと現われます。

皆さんの世界平和の祈りの中から出てくるんですよ。
世界平和の祈りがひろまればひろまるほど、神さま方が降り易い。

やっぱり人間の姿をしていると、「なんだあれは、人間じゃないか、五井先生っていったって人間じゃないか」と、こう思うんですね。
人間の肉体だけじゃ都合が悪い、それで肉体に出なかった人が肉体になって現われれば、それは天降りです。
それこそ天孫降臨だね。

高天原がここにあるんですよ。
高天原ってどこだか知ってますか?
みんなの体ですよ。

高天原に神づまりますかむろぎかむろみのみこともちて……という祝詞がありますね。
高天原というのは、悟った人の体ですよ。
みんな体に神づまりに神づまっているんです。
神さまたちがみんなここに来ているんです。

だから皆さんも空っぽの体になって、世界平和の祈りをやっていれば、そこへ神さまたちがみんな集っている。
何も侵すことはできませんよ。
そういう人が多くなれば、日本は世界の中心、平和の中心になります。(中略)

世界平和の祈りより他に大きな祈りはありませんからね。
みんな参加してくる。
そこへ宇宙人が参加してくる。
守護霊守護神が現われてくる。
現われてきたらみんな寄ってきますから。(中略)

まず第一番に、世界の平和を作らなきゃ、自分の家庭の平和など成り立たないです。
だから世界平和の祈りをやらなければならない、祈っていた方がいい、ということになるんですよ。

五井昌久著『明るい心―五井昌久講話集4』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.