五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

大和神富士

投稿日:2015年7月19日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

今まで雨雲につつまれて
五米先も見えなかったという裾野に私が立つと
まるで奇蹟のように
にわかに雲が消えはじめ
富士の全貌がくっきりと五月の空に浮かび上がった
やがて多くの年月を世界平和運動をくりひろげることになるこの裾野辺で
こうして真近に富士の偉容をみていると
私の心に日本の古代が生き生きと画き出されてくる
日本の歴史と美しさ尊さが
富士の姿を通してひびきわたってくる
大和日本の真の姿を世界中に知らせねばならぬ天命を
富士の神々から伝えられていた二十数年前のことが想い出される
山々は神霊の住むところ
まして神富士は大自然そのままのみ姿
真夏の今朝富士に登った娘から
役の行者を中心に諸神諸霊と宇宙の人が
私たちの祈りに応えて祝福を送ってくれたという話があり
富士と日本の使命のことを
噛みしめるように想ってみた

神富士に日は昇りきぬ祈り人
大きいのちに融けて立ちおり

五井昌久著『純白―五井昌久詩集』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.