五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

肉体にも神を顕す

投稿日:2016年1月20日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)私は毎日毎晩、反省しないことはありません。

どこまでもどこまでも、一番の天辺まで本当は行っているのだけれど、肉体の観念としてはまだ行っていないわけです。

肉体の観念としても行こうと思っているわけです。

神さまが私を働かせているということは当然のことだし、私がしゃべることは、五井の大神さまというすばらしい天の神や、聖者賢者が入って、総合して五井の大神さまとして働いているわけです。

ものすごいものです。

肉体を持ったままで、皆さんの守護神さんよりもずっと先輩の、宇宙神の右にピタッとくっついているような、そういう人間になろうと思っているわけです。そう思って励んでいるわけです。(後略)

五井昌久著『白光誌1975年7月号』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.