スポンサーリンク

相手の心配を取るために

(前略)大丈夫大丈夫と思いながら心配するのが人間なんですね。

それは過去世の因縁というか、過去世の習慣の想いなのです。

想いの習慣が”心配苦労”するわけです。

それはそれでかわいいですよ。

心配も何もしない母親ばかりだったら、面白くないですね。

話が出来なくなってしまう。

私だって心配苦労したように見せるのですよ。

「戸締りしたか、鍵はかけたか、鍵は厳重にしなさい……」こうやって教えるわけ。

当たり前に当たり前に、心配苦労するわけです。

それでなくてはかわいくないです。

あまりはじめから心配しなかったら、愛も情もないと思います。

愛情で心配苦労したような顔を見せてやる。

そうしないと、相手の心配は取れません。(後略)

五井昌久著『白光誌1976年11月号』より

著書
スポンサーリンク
五井先生に学ぶ