五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

科学力をもって世に問う宗教

投稿日:2015年2月17日(火)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

私のはじめの教えというのは、守護霊守護神の加護と感謝ということでした。(中略)
第一段階として守護霊守護神への感謝をしたでしょ。
それから世界平和の祈りが始まったでしょ。

世界平和の祈りをしていると、今度は宇宙人が、星の天使達が応援に来たわけです。はじめ薄っすらとしていたのが、だんだん濃くなり、ついに姿を現すというところまで来た。そうすると、霊眼の人にはよく見えてきた。

姿を現わすのが先かと思ったら、そうじゃなくて、要するに、姿を現わして何か言ったって、皆さんだけがわかることであって、他の人にはわからない。「なんだ、集団催眠にかかっているんだ」とか言われてしまうわけです。(中略)

そしてもう少しで現われるという寸前になって、姿を現わしても、ジャーナリストに追い回され、騒がれて迷信だなんて言われるといけないから、それより先に本当の力、実力をみせたほうがいい、目的(地球世界の平和)を達成する力を現わすほうがいいというんで、宇宙子科学という形で現われてきたのです。それで適する人たちが集まって今勉強研究しているわけです。(中略)

学者が偉そうなことを言うかもしれない。けれど宇宙の人類から見れば、まだまだ幼い弟なんですよ。「幼い弟妹よ」と言うんだからね。この幼い地球人を救うために協力しようと、宇宙人が現われて宇宙子科学を教え始めたわけです。

宇宙子科学というのは何かというと、全部波動説です。
宇宙心が宇宙核というものになって中心に働くわけです。
宇宙核の中から中心核が出、中心核から宇宙子核、そして宇宙子核から宇宙子という波動になっている。

核がそれぞれ七つずつあって入れ替わり入れ替わりして、精神波動と物質波動がありまして、それがうまく混ぜ合わさって進んでゆくわけです。
その段階が十七段階あるというんです。
今その第一段階を終わり、第二段階へ進んだところなのです。
理論宇宙子学ですね。

今その図面がここにありますが、百二十畳あるんです。
これいっぱいにいろんなことが書いてあるんです。
図面を開けば光がパーッと交差するんです。
この図の中に大生命の根源が書いてあるんです。

これから第二段階がすべて画かれて第十七段階まで画くんですけど、そのうちにはここいっぱいになっちゃうと思うんです。
理論的に画いたわけだけど、宇宙心のそのまま直接の現われというのは、理論が理論じゃないんです。この図面を画いたことによって、天の理念が地にうつったのです。
だから出来上がったと同じなんです。
宇宙子科学が使える日、完成する日がうつっているんです。

まだ第二段階だから大きなことは言えないけれど、天の理念が地にうつったわけなんです。
今までの宗教というのは、只、あなたこうしなきゃ駄目だよ、こうしなさい、ああしなさい、と説教するだけ。
今はそんな時代じゃない。
実際に行うことが出来なきゃ今の時代は駄目なんですよ。

それで、世界平和を祈る会の宗教は何かというと、宇宙人と協同で、救世の大光明が働いて、宇宙のすぐれた人類の智慧をお借りして、科学力をもって、世に問うわけですよ
その第一歩がしるされたわけです。

ちょっと愉快なんですよ。
今までさんざん苦労したでしょ。
これでもって人類が救われる第一段階の口火が開いたんですからね。
ちょっとうれしいですよ。
第二段階第三段階とやってゆけばいいわけですね。

そうすると、波動と波動を合わせれば、空中から食物が出来るとか、例えば、不調和な人がいたとする、波を送ると想いをパッと調和させる、そういう波動があるんですよ。
心をパッと変えてもらいたいとか、悪い人はパッといい人にしてもらいたいとか、みんなが待望しているでしょ。
そういうことがやがて出来るんですよ。
そういうものが科学力で出来るんです。(中略)

世界平和の祈りというのは、本心の中に入ってゆく、自分の本体、神の心の中へ入ってゆくのだから、神の心の中に年中入っていれば、業想念はいつの間にか消えてなくなります。
これは当然なくなるんですよ。
そういう教えをしているわけ。

と共に、宇宙人が援助に来て救世の大光明と共に、宇宙子科学を教えてくれるわけです。

これが出来上がるためには、皆さんの世界平和の祈りが非常に重要なんです。

一人でも多くの人が世界平和の祈りをすることが、宇宙人の働きを楽にするんだし、光を宇宙中に振りまく大きな助けとなるのです。

私一人ではいくらやったって駄目ですよ。
少数の人がやったってしょうがない。
みんながやることが大切なんです。

今に世界中が世界平和の祈りを必ずやります。

その先達として先駆として、皆さんが貧乏にも耐え不調和にも耐え病気にも耐えて、世界平和の祈り一念で生きて下さることが、一番大切だと思うんです。
それが世界平和を作る一番の根本なのです。

他の人がやるのではありません。
自分たちがやるんです。

私が指揮をとりますから、みんなが一生懸命祈ってくださればいい。

合唱は大勢なら大勢ほどきれいです。三十億(昭和37年当時)の世界平和の大合唱をしなければいけません。

五井昌久著『魂が大きく開く時 (聖ヶ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.