魂の救われは神との一体化

(前略)

肉体の生き死にではなくて、

魂の、命の救われというものは、

必ず最後まで、

神さまを想う者の上に輝くわけです。

神さまを想うということは、

神さまとひとつになるということなんです。

守護霊さん、守護神さん、

ありがとうございます、

ということは、

守護霊という

自分の魂の親とひとつになること、

その魂の親の親とひとつになること、

宇宙神とひとつになることです。
(後略)

五井昌久著『光明の生活者―五井昌久講話集3』より