スポンサーリンク

地球が進化するその時

(前略)

だんだん進化してゆくのですが、一度に進化するのではなくて、ある角度があって変わってゆくのです。

今がだらだらと上がってきた最後のところで、やがてパーッと上がるわけです。

それだからここで大変化をするわけです。

獣の性をなくして、神の性にするわけです。

人類としては、だんだんよくなるのではなくて、サーっとよくなるのです。

パ-っと本心が開くのです。

皆さんは自分が浄まるとかなんとかいうよりも、そのまま光を地球に振りまく役目をもっている。

菩薩行をしているわけです。

それと同時に、自分もますます高くなるのです。

序々に人類が立派になってゆくのではなくて、奇想天外な、地球人類では考えられない、超々超々超越的なことが、パーッと起こるのです。

(後略)

五井昌久著『白光誌1977年10月号』より

著書
スポンサーリンク
五井先生に学ぶ