五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


文字を書く

calendar

私は今日も文字を書く

一という字を書く

筆はたっぷり墨をふくむ

一という字は後にも先にも

ごまかしようのない字だ

紙の上に筆をおろした時に一の姿が定まる

私は無心に筆をおろ

一瞬にして一の字は紙の上に現われる

一の中に天地が消える

私もあなたも融けこんでしまう

一という字が大宇宙そのままに

そこに現われている

一という字は私が書きながら

私が書いたものではない

太初はじめからあって永遠に在る

すべてのすべてであって

まだすべてが現われぬ姿

最大であって最小のもの

一の文字の中に書いた私は消え

そして又現われる

一の中に無限のひびきがかくされ

私たちもその中で生きている

私は今日も一という字を書く

五井昌久著『純白―五井昌久詩集』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...