五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

真理を離れた思考は夢幻③

投稿日:2017年1月23日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)今思っている姿は今のことなのです。

だから、
“世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様・守護神様
有り難うございます”
と祈っている姿は、神様のみ心の中に入っている想いです。

神様のみ心の中に入っているということは、神様は完全円満な大智恵、大光明なのだから、そこに不幸や不完全があるわけがないということです。

それなのにお祈りしながら、かつ「不幸になりはしないか、天変地異が来やしないか、嵐はどうか、子供はどうか、貧乏はどうか」とまだ思う。

その想いは今の自分の想いのような気がしますね。

ところがそれは、今の自分の想いではなくて、過去の波が今、頭の中を通り過ぎてゆくだけなんです。

本当にあるんではないんです。過去あるいは過去世にあったもの。

そのあったものが頭の中を通り過ぎてゆくだけなんです。

それが消えてゆく姿なんです。

みんな本当のものではないから、消えてゆく姿なんです。

本当のものは消えないのです。

本当のものというのは、神様のいのちなのであり、神様の分霊であり、完全円満でみんなが愛語し、みんなが楽しんで、みんなが明るく、なんにも悪いことを考えないで生きられる人間が、本当の人間なのです。(つづく)

五井昌久著『空即是色―般若心経の世界』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.