五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

愛することは

投稿日:2015年3月21日(土)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

愛することが哀(かな)しい時があっても
友よ愛しつづけていかなければいけない
あなたの愛がたとえ地上に燃える焔(ほのお)であっても
神はあなたの愛が天上界のものであることを知っている
愛は神のみ心
そして地上の光明
愛することは深い喜び
愛することは深い哀しみ
この世のいのちの流れの中で
縁(えにし)美しく花開くは人と人との愛の交わり

国と国とが愛し合えない悲哀の時代にあっても
せめて人と人とは愛し合わなければいけない
人はみな神のいのちの分れ
本来一つのもの

私とあなたは一つのいのち
私たちの愛の心が光明となって国に充つる時
それはやがて世界の平和を導き出していくことになるのだ

友よ愛して心哀しい時があっても愛し続けていかなければいけない
その愛はやがて輝かな喜びとなって
あなたにかえってくるに違いない
神があなたを愛していて下さるように
あなたの愛も相手を柔らかく包んでいるに違いないのだから

五井昌久著『いのり―詩集』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.