2015-02

著書

祈りの行の先にあるもの

宇宙天使との交流をしていると、「一にも二にも余計な想いはいらない」、「空だ、空だ」、と盛んにいわれる。ところが、その空に今度はまたひっかかりそうになる。 そこで私は、「みんな、空になろうとする想いさえも世界平和の祈りの中に入れて、或い...
著書

本心の働きと肉体の生き方

本心から見れば、この肉体生活は一瞬に等しい。 本心はその一瞬の間も、器である肉体を最もよく生かそう、よく使い切ろうと思っている。 だから自分の欠点、人の欠点を堀りくりだすような生き方をせず、大きく生きることです。 高橋英雄...
著書

科学力をもって世に問う宗教

私のはじめの教えというのは、守護霊守護神の加護と感謝ということでした。(中略) 第一段階として守護霊守護神への感謝をしたでしょ。 それから世界平和の祈りが始まったでしょ。 世界平和の祈りをしていると、今度は宇宙人が、星の天使達が応援に...
スポンサーリンク
著書

五井先生が現われた話

この間、ある女性が昔、知り合いだった神道系の行者さんのところへ、何か用があって尋ねていった。そしたらそこにもう一人いて、何か行をやっていた。「あなたは霊媒の素質がある、霊媒になりなさい」というんですって。その人はいやだいやだといったんで...
詩・詞

本心

地球の未来を輝かせる為に 人々が是非共知らなければならぬ事がある それは御身たちの真実が 御身たちの本心が 肉体生活にまつはる 欲望と恐怖とそして悲哀と憎悪と云ふ 黒い翼に蔽(おお)はれてゐると云ふ事である それよりも亦(...
著書

この世もあの世も浄まる詩

”本心”という詩があるでしょう。 『ひびき』という私の本に出ています。 あれを経文がわりに仏壇にあげてごらんなさい。 みんな浄まっちゃうから。 人間というものは肉体ではないんだ。 本心そのものなのだ。 本心とは神そのものなの...
詩・詞

眞の祈り

神世のひびき西東 聖者賢者の言の葉と ひびきわたりて幾久し 真の人の次々と この世に生(あ)れてにごり世を 光り照らせど時ならず 天の心の地にひそみ 闇夜の長くつづきつつ 今や地球の人の世の 傾きかけて危うかり 古き世々...
著書

五井先生の神霊界での指導のひとこま

『霊界(こちら)では、世界平和の祈りは、そのように型にはまってするものではない。 それでは自在心は得られぬ。そして働けない。 今迄あなたが自分で得た自在心と思いこんでいるのは、指導神霊の加護の手の中で見た世界の一片なのだ。 よく省...
著書

想念を掃除・洗濯する

浄めというのは何かというと、光が業想念を祓うことです。 きれいに掃除することです。 ですから私はクリーニング屋、洗濯屋だというんです。 パンパンと拍手を打って、光を送り、業想念をきれいにして「ハイ出来上がりました」「ありがとうございま...
著書

新しい未来をつくる根源の波動調整

祈りによる神との一体化によって、ひびき出された平和運動の光明波動は、自国本位の想念や、恨みや憎しみによる争いの波動を、消滅し去る力をもっているのです。 これは一人や二人の人が祈ったとて、目に見えるような力にはなりませんが、何千人何万人...
スポンサーリンク