五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

救済の大光明が輝きわたる時が来た

投稿日:2015年8月16日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)何事をするのも、その一挙手一投足の間も、世界平和の祈りを根底にして生活すれば、その人の思いはいつでも神のみ心の中で生活していることになり、いつの間にか、本心の自由意志を妨げている業の波動も神の大光明の中で浄まっていってしまうのです。

すべての個人がそうした生活をしていれば、おのずから世界人類が光明化し、平和な交際ができるようになってくるのです。

この事実は私たち多くの人が実践していて、大きな好結果を得ているのです。

人間の一人一人には守護の神霊が守っていて下さるのであり、各国各民族もそうした慈愛に守られているのです。

その真理を今日までの人々がはっきり知らなかったため、人類世界の今日の苦境にまで追いつめられてしまったのです。

しかし、いまや世界平和の祈りという易行道によって、守護の神霊の救済の大光明が、この地球世界に輝きわたる時になってきたのであります。

どうぞ、一人でも多く、一日も早く、この祈りの実行に参加してくださることを願ってやみません。

五井昌久著『宗教問答 (続)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.