五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

投稿日:2016年2月11日(木)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

故郷の米のうまさに舌づつみ打ちつゝ
幼き日のこと思ふ

故郷越後から新米が送られてきて
そのおいしさに頬をほころばせる私

関東大震災の時カツでごはんと
上の山で母を困らせていたことがあったという私

顔と同じぐらいの大きさの大きなおむすびを
山の芝刈りにもっていった少年の日の私

戦中戦後の食糧難の後で
白米のおいしさに想わず涙ぐんだことのある私

私の生活の中で米は重要な部分をしめている
米の害をいろいろと説く人もあるけれど
米の親しさを身にしみて味わっている人が
私のようにかなり多い

米は私にとって食料の中心であり
いのちの親であるような気もしている
故郷や父母を想うように米のありがたさは
私の心を離れることはないであろう

できたての
白飯(しらいひ)愛(かな)し
天地(あめつち)の
いのちの光
頂きて喰(お)す

五井昌久著『平和讃-詩集』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.