如来といわれる人

(前略)

守護霊守護神と一体になるような自分になれば、神の子の姿を現わせるようになるわけです。

守護神と自分がまったく一つになると、守護神が自分の中に一つに入ってしまう。

そして直霊、宇宙神とパッと一つにつながってしまうのです。

そうなると自由自我、何も自分の想いがない。

そのまま動くことがみんな、神のみ心そのものになっている、ということになる。

そういう人を如来という。

(後略)

五井昌久著『白光誌1963年2月号』より