元(根源)を浄める

(前略)

私が浄めるのは肉体ではなく、主として幽界、霊界を浄めているのです。

幽界から迷いがどんどん流れ出ているのですから、現われ出る場の肉体をいくら浄めても、出てくるわけなのです。

そこで業の流れ出る根源を私は浄めるわけですよ。

(後略)

五井昌久著『生命光り輝け-五井昌久講話集1』より