五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

祈り ~ 一番大事な行い

投稿日:2017年1月4日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)ふつう一般の人々は、祈りということを行いのうちに入れていないんです。

「祈りなんか」、「祈ったって」とすぐそう言います。

祈りというのを知らないんです。

世界宗教者平和会議に出ている連中がそう思うんですから。

ところが一番大事なのは何かというと、祈りなんですよ。

祈りというのは、生命いのちり出すということです。

生命が生き生きすることが祈りですから、樹木など ~ 松や杉などが立っていますね、それは祈りの姿そのままなんです。

その祈りを知らないで、ただ「願いごとだ」ぐらいに思っているわけです。

万巻の書物を読み、話をいくら聞いても、祈りがなければ宗教の道に入ったとはいえないわけです。(中略)

宗教の道は祈りが根本にあって、祈りから始まって祈りに終わる、というものなのです。(後略)

五井昌久著『内なる自分を開く―本心開発メソッド』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.