五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

想いをなくせば神になる

投稿日:2015年3月25日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

はじめ神さまだけがあって、最後に神さまだけがある。あとのものは消えてゆく姿で、みんな消えてゆく姿。

だから皆さんはしまいに、神さまの中に入ってしまう。それでいて個性があるんです。いつまでいっても天命がある。大神さまと一つになっていてね。

それで個性というのは天命があるんです。いつまでいっても天命がある。死んだら生命(いのち)がない、なんていうのは昔の迷信なんです。

死んでも生命はある。その生命が一番よく生きるためにはどうしたらよいかといったら、世界平和の祈りをするか、消えてゆく姿をやるか、神さまに本当に自分を投げ出しちゃうか、どっちでも同じことです。

そうすると、その生命がいっぺんに神界へ行っちゃいます。神さまと本当に一つになる。消えてゆく姿を本当にやれた人は、亡くなると、肉体から離れたとしますと、どこへ行くかというと、全部ないんだから、肉体世界も消えてゆく姿、幽界も消えてゆく姿、霊界も消えてゆく姿とやっているでしょう。

そうしたら行くところは神界しかないでしょ。そういうものなんですよ。想いを全部なくした時には、それは神さまなんです。それを空というんです。

五井昌久著『天命を信じて人事を尽くせ (聖ケ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.