五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

悟りとは ~ 神性を現わし生きるポイント

投稿日:2016年3月3日(木)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)悟りとは、本心と自分とが、まったく一つになるということなのであります。

迷ったり、怒ったり、妬んだり、哀しんだり、恐れたり、執着したりする想念というものを、はっきり、自分ではない、と思い定めることなのです。

自分とは、神と一つである本心そのものであり、諸々の想念は、過去における自分の迷いの足跡が、今現われて消えてゆく姿である、と思い定めることなのであります。

自分が自分の創造主であることを知ること、つまり、自分が神の使命達成の一員として、神の世界から天降って、この地上界に、神の生命を華咲かせつつある者であることを知ることなのです。

悟りとは、自己の本心を光り輝かせること。生命をさわりなく生かしきれる状態をいうのです。(後略)

五井昌久著『霊性の開発』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.