2016-02

著書

自己反省と世界平和の祈り

(前略) 常に自己の想念行為を反省するという努力、 これは自分を責めるのではなく、 自分の想念を省みて、 これは消さなければいけない想いだと 自分で想ったら、 消えてゆく姿で世界平和の祈りをするのです。 自己反省と世界平和...
詩・詞

故郷の米のうまさに舌づつみ打ちつゝ 幼き日のこと思ふ 故郷越後から新米が送られてきて そのおいしさに頬をほころばせる私 関東大震災の時カツでごはんと 上の山で母を困らせていたことがあったという私 顔と同じぐらいの大き...
著書

こんな風に生きよう

自己をかばうために他人の能力をけなしつけ 自分の手柄を誇るために他人の悪を責め立てる そんなちっぽけな人間に 君たちはなってはいけない ひとにはそれゞれ欠点もあるが その人なりの長所が必ずあるもの 自分の失敗は消えてゆく...
スポンサーリンク
著書

続宗教問答から①

・肉体感覚から放れようとする修行方法は、私の好むところではありません。大体、日常生活を離れなければ修行のできないような、宗教信仰の在り方は、現代における修行としては受け入れがたいものです。 ・苦しみ悩むということは、過去世の強引念を自...
著書

生き方について⑤(完)

(つづき) 自分が良い立場良い心で 良いことをしているのに 向こうが自分に意地悪したり ひどいことをするということは 実は過去世において向こうに 同じようなことをしていたんだ それが今返って来ているんです それは法則なん...
著書

生き方について④

(つづき) 神様のみ心に一番叶うことは 人のために尽くして 裸の心になって 生きてゆくということです 人のために尽くす ということはやはり 自分のために尽くす ということになるんです 自分のために尽くす というこ...
著書

生き方について③

(つづき) 何があったって 驚くことはないですよ 恐れることはありません どんな嫌なことがあっても それは瞬間です 一日か二日か一月か三月か 一年か三年か十年か 五十年やったって たいしたことはないですよ 過ぎて...
著書

生き方について②

(つづき) 世界平和の祈り一念で生きていれば 守護霊守護神さんが うまくやってくれるんだ 自分の感情 業に関心を持ちすぎると 業の浮き沈み 流れにひかれ 一生懸命業を 追いかけるようになり だんだん本当の自分から ...
著書

生き方について①

あせってはいけません 世界平和の祈りを祈っている あなたの運命は もう決まっているんです よくなるように決まっているのです 世界平和の祈りは 最高の祈りなのだから みんなが平和になるということは 神のみ心なのだか...
著書

偽善者になるな

(前略) 人間は神の分霊(ぶんれい)であり、 神の子であるのですから、 必ず救われるに決まっているのです。 ただ今日までのように、 業想念波動の現われである 悪や不幸につかまっていて、 世の中は悪い、不幸な世界だ、 とい...
スポンサーリンク