2016-02

著書

言(ことば)を使おう

(前略)私どもが毎日使っております、この言葉というものの中には、想念波動のひびきも、実在の世界の言(ことば、光)のひびきも混じっているわけなのですが、得てして人々は、汚れた業想念波動の言葉を使いたがります。 せっかく神さまが、光り輝く...
著書

すべてを捨てて神を呼ぼう

(前略)なんにしても、業生の因縁因果の波を超えねば、この地球世界のこれ以上の進化は望めないのですから、因縁因果を越える方向に、日本の進路をしっかりと定めねばならぬのです。 ですから、業生の中で右往左往しているこの肉体人間そのものを、神...
著書

神と太陽と人間の関係

(前略) 神は光そのものであり、 太陽は神の光をはっきりと 表面に出している 存在だったのです。 太陽にも物質的に見える 光がありまして、 生物はその光によって 生かされているように見えますが、 実は生物を生かしている...
スポンサーリンク
著書

愛の心を最高に活かす方法

(前略) すべての不幸災難は、 過去世からのその人々、 その社会国家の 歴史の中に潜んでいたものが、 現われて消えてゆく姿なのですから、 それを止めることは出来ません。 止めるのではなく、 その人やその国家や人類全体が、...
著書

心の修行③(完)

(つづき) 生きるも死ぬも 現われてくるすべては 神さまのみ心でなされている だから自分の想いでは 何事もなし得ない 肉体の吾は 何事もなし得ないだから 想いを全部 神さまのみ心の中に 入れてしまいなさい ...
著書

心の修行②

(つづき) 心というのは思いのこと 想いが乱れなければ心は平静 心と想いとは 本当は別のもので 心の上を想いが 行ったり来たり走っている 心は神さまの光そのもの 生命そのもの 思いが行ったり来たり走らないで ...
著書

心の修行①

(前略) 心の修行 ということが最大のことです 心を鍛える 想いを鍛える つまり想いが乱れない 恐怖が起こらない 弱らない 何があっても 心が平然として 済みきっていられるような そういう人間になることが一...
著書

想いがすべて

(前略) 想いがすべてを決定するのだから、 人間一人一人の想いが 明るい上機嫌か、 不機嫌で暗いかによって、 簡単にいうと 運命が決まるのですよ。 それを難しく学者方がいっていますが、 根本をいえば、 ・明るく機嫌がい...
詩・詞

眼に見えぬ世界を変える重要性

(前略)すべての出来ごと事柄はみな 眼に見えない世界ででき上がり やがて眼に見える世界に 現われるもの その事実を知らずに 眼に見える世界だけを相手にしていて どうして完全平和な世界ができ上がろう 私たちはそうした ...
著書

行の積み重ね

(前略) すべてのものは 消えてゆく姿だと思って、 自分の想いが乱れなくなる、 とらわれなくなるまでには、 大変な想いの修行がいるのですよ。 日常茶飯事の 当たり前の生活の中で、 「ああこれは 本当に消えてゆくんだな、...
スポンサーリンク