著書

著書

幸いなる者

(前略) 神の大愛を信じるものこそ幸なり、 汝は傷つくこと尠(すく)なく、 永遠の生命を自らのものとせん。 (後略) 五井昌久著『本もの贋もの』より
著書

神と一つにならなければダメだ!

(前略) 今は人類が始まって以来の最大の転換期です。第七劫に入っているのですから、この機会を逃がしてしまったら大変です。 この機会に自分が立派にならなきゃ駄目です。神と一つにならなければ駄目ですよ。 神と一...
著書

神霊の世界に常に通じた生き方を

(前略) 私たちが最もよき生き方をする場合は、肉体と幽体だけに想念波動を輪廻させていたのではいけないので、生命の根源の世界、つまり神霊の世界に常に通じて生きていることが大事なのです。 私どもの生活の一瞬一瞬をそうした生き...
スポンサーリンク
著書

神々の大光明を降り注ぐ祈り

(前略) 大宇宙神は、地球の先輩星を大きく進化させた、宇宙神方をいよいよ地球救済の大きな力として派遣なさって、地球滅亡を救い、地球を先輩星並みに進化させることになったのです。 その一つの方法が、世界平和の祈りなのでありま...
著書

何度でも何度でも…

(前略) どんな悪い想いが出てきても、どんな悪い行いをしても、しまったと思ったら、それをつかんだままで、世界平和の祈りの中に入って洗濯してもらいなさい。 そうすれば世界平和の祈りの大光明が消してくださるから。 ...
著書

元(根源)を浄める

(前略) 私が浄めるのは肉体ではなく、主として幽界、霊界を浄めているのです。 幽界から迷いがどんどん流れ出ているのですから、現われ出る場の肉体をいくら浄めても、出てくるわけなのです。 そこで業の流れ出る根源...
著書

守護霊の働きを楽にするために

こちらが守護霊に感謝すれば、どれだけ守護霊の働きを楽にするかわからない。 それだけ自己の運命が早く改善されるのである。 まず守護霊への感謝からはじめるべきである。 五井昌久著『日々の祈り』より
著書

心境が大きく開く時

神さまの世界が地球に現われて、平和になるときにはおまけがなしですよ。 自分の中の心がすっかりきれいになる。 きれいにきれいに洗い落として本当に輝く白光にしなきゃ世界は平和にならないんですよ。 必ず守護霊守護神、救世の大光明がしてくれま...
著書

人と接するときは…

いつも神に対するように、人に対することです。 高橋英雄編著『如是我聞―五井先生の言葉』より
著書

責め裁く想いを祈りの中に

キリストの名言である”汝等のうち、罪なき者はこの女を石にて打て”という言葉がありますが、人間のうちには、人を責め裁けるほど、純潔な人は少ないのであります。 正義感で人を憎み憤っていると思ったら、実は自分の中にある想念を憎み憤っている、とい...
スポンサーリンク