五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


定まった運命の振幅について

calendar

(前略)

人間は初め、生まれた時から死ぬ終わりまで決まっているんです、本当は…。

決まってるんだけど、決まっている以下になるか、以上になるか、という差が出てくるのです。

ということは、丸なら丸で決まっている。三角に生きる人は、三角に決まっている。四角に生きる人は、四角に決まっているんだけれども、その大きさがあるんですよ。最大がこれで、最小がこれ、というのがあるんです。

いつも言うけれど、大工さんになるんでも、下っ端になるか、棟梁になるかは、その人の働きによって違うでしょ。

代議士になるけれど、大臣になる人と大臣になれない人とあります。

だから、代議士にならない運命をもっている人が、いくら頑張ったって代議士にならないだろうし、音楽家にならないものをもっている人が、いくら頑張っても音楽家にはなりませんね。

途中で嫌になってしまう。そういうふうに決まっている。その決まった中で生きてゆくわけです。

(後略)

五井昌久著『自由解脱への道―聖ケ丘講話』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...