五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


人間の人間たる道

calendar

(前略)人間というものは、今まで何十年か生きていれば、悪いこともするでしょう、人をだましてもいるでしょう、恨みもするでしょうし、妬みもしたでしょう、欲しいと思うこともあるだろう。

色々なことや想いがあるだろうけれど、いったん、これはいけない、と思った時には、それはひっくり返っているのです。

神さまごめんなさい、これからいいことを致しします、という。

また失敗したら、またいいことを致しますと、繰り返し繰り返し、いい方へいい方へと、希望する方向へ心を向けてゆくんです。

そうするとその人は、常に常に天国を見ている人だから、その想いが重なって、必ずいいところへ行くんです。

そういうことが私の話しの根本なのです。

消えてゆく姿ということと、神さまにつながるということ。

自分の想いというものは、すべて神さまに返してしまう。

もともと神さまから来た命なんだから、善悪すべてひっくるめて、神さまにお返ししてしまえ。

そうすると、神さまの本当の命がここに現われて、自分の生活の中に神さまそのものの行ないが出来てゆくんだ、というのです。

それには一年や二年で出来ないかもしれない。三年五年で出来ないかもしれない。一生かけて、あるいは二生かけて三生かけて四生かけて、命のつづく限り、というのは、肉体のつづく限りという意味ではありません。

命というのは肉体を越えている。霊体になり神体になってゆくんだから、その命をかけて、一生懸命精進するんです。

それが人間が人間たる道なんです。

五井昌久著『素直な心-五井昌久講話集2』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...