著書

著書

神ということ(後半)

(つづき)それよりもっと根本的ないい方をすれば、私たちを生かしているというより、私たちそのものである生命というもの自体が、肉体人間誕生以前から存在しているのだし、生命のない人間など考えられもしないのだ。 そうした根本的な知恵や力や能力...
著書

消えてゆく姿を極めて善悪を超えれば絶対善が現れる

(前略)もし悪いことをしたとすれば、それは過去世の因縁が悪いことをしたことによって、消えてしまったのです。 だから、「あっ、しまった、悪いことをしてしまった、申し訳ない」と、”申し訳ない”と思わなければダメです。 それを、「これ...
著書

現われる前に消す

(前略)悪いものも現われなければ消えないとすると、これも大変です。 どれだけ悪いことがあるか、わからないんですから……。 「現われなきゃ消えないというけど、先生、私は今後、どれだけ現われるんですか?」と聞きに来る人もあります。 ...
スポンサーリンク
著書

天と地を理想で結ぶ道①

(前略)いいとか悪いとか、向こうと相対的に比べていてはダメです。 相手を見てはダメなんですね。 ”敵である”と敵と見ているうちは、敵になるからです。 けれども一度は敵と見てしまいますね。 過去世からのクセで、”自分と...
著書

天と地を理想で結ぶ道②

(つづき)肉体の人間では、自分の身内のほうが他人の身よりかわいいんだから、宗教家がどう言おうと、私の子供のほうがかわいいんだ、私の妻がかわいいんだ、私の弟がかわいいんだ、ということになります。 そうすると理想というものは、この世界では...
著書

天と地を理想で結ぶ道③(完)

(つづき)肉体の人間の考え方でいけば、自分を守るのは当たり前、自分の家族を守るのも当たり前。 けれど、それではどうしても世界はよくならない。 みんなが平等の愛じゃないんだから……。 「ああ、これではもう肉体の人間じゃだめな...
著書

徹底した肉体観念の否定

(前略)肉体の人間がどうやったって、本当の世界平和は出来っこない。 どうしたら自分も安心し、隣の人もお向かいも安心し、この国が安心され、あの国を安心させられるかというと、世界平和の祈りのなかへ自分の想いを全部入れ込んでしまって入りきり...
著書

ひとりでに良い行ないが出来るようになる方法(前半)

(前略)私はどこに”居る”かというと、天の理想と地の現実をつなぐ真ん中に、空っぽになって”居る”のです。 そして、「世界平和の祈りを祈りなさい」とみんなに教えているのです。 皆さんがお祈りをすると、この空っぽの体を通して、スーッ...
著書

神体の磁場を現わす生き方

(前略)地球科学で電磁場というのがあります。つまり電気が流れると、そこには必ず磁場と電場が生じるのですね。 それと同じように人間の想いというのは、幽体という磁場、つまり想いの波の流れる場所があって、そこに想いがいっぱいあるわけです。 ...
著書

空の状態になると

(前略)(※ご自分の体験談を数例あげて)そういうふうに、自然に行なったことが、普通の人間がやる何倍もの力になって現われてくる。 のん気に自然にやっていることが、素晴らしい力になって現われてくる。 それはどういうことかというと、自...
スポンサーリンク